防水加工による効果

テレビ

横断幕の発注先、及び値段の目安

一般の人は日常生活において、横断幕を使用する機会は、まずないといって良いでしょう。しかし、何かしらのきっかけで、使用する機会が訪れる可能性はあります。 例えば、子供がスポーツをしていて、大きな大会に出場した時です。そうなれば、親は応援に行くことになるでしょう。そして、スポーツの応援は通常、賑やかに行うものです。そうなると、応援グッズが必要となり、その応援グッズで有効なのが、大きくて目立つ横断幕というわけです。 横断幕は、個人で制作することもできます。ただ、個人で制作した横断幕は、どうしても仕上がりに問題があります。子供のせっかくの晴れ舞台ですから、仕上がりに問題がある横断幕ではない方が良いでしょう。そうなると、業者に制作を依頼しなければならないこととなります。 ただ、普段、接する機会のない横断幕ですから、どこに注文すれば良いのか分からないことでしょう。また、値段も気になるところです。横断幕は幕屋に発注します。インターネットで検索すれば、簡単に見つかるはずです。値段は幕屋のホームページに記載されていると思いますが、大体、1平方メートルあたり5000円程度からと考えておけば良いでしょう。

材質、及び製作の工程

従来、横断幕の材質は布でしたが、現在はターポリンという素材のシートを使用するのが一般的です。ターポリンは防水加工が施されており、また、強度も布に比べて段違いに高いので、屋外で使用しても大丈夫です。 そして、以前は職人による手書きで制作されていましたが、現在はオートメーション化されています。オートメーション化といっても、決して複雑なことではないのです。デザインデータをパソコンで作成し、それをプリンターで出力するのです。現在、多くの人が自宅のパソコンとプリンターで年賀状を制作していると思いますが、簡単に言えば、それと同じ仕組みです。 従って、現在の横断幕は以前では不可能だった複雑、高度なデザインであっても簡単に制作することが可能です。写真を載せることも可能です。 このように幕屋は素晴らしい横断幕を制作しますから、使用する機会があるのならば、個人で制作するのではなく、幕屋に依頼した方が絶対に良いでしょう。